世界一周トラベラーnemuのカンボジア在住記録

カンボジアで働く英国産栄養士、新卒25歳の日常と旅の記録。

【無料】イギリス田舎町、上流家庭に泊まってみたら

f:id:nemusblog:20200807232736p:plain

こんにちは!昨年英国の大学院に在籍していました、nemu(@nemusblog)です。今日は、Twitterでも呟いていたイギリス無料ホームステイのお話🏠。

入学早々、秋の週末を使って素敵な家にお邪魔してきました。あまり有名なサービスではないのですが、イギリスで留学される方はぜひ!!使ってみてほしい、おすすめホームステイ。

本記事では、サービスの紹介と私の体験記をまとめてみました✏️

  • 無料で田舎にホームステイできるサービスとは?
  • イギリスの上流家庭を覗いてみました!
    • 手作りコース料理がとても美味しかった💓
    • 夜はリビングでゆっくりボードゲームを
    • まるでホテル!?焼きたてパンと朝ごはん
    • 外は一面の緑!動物にも出会えます🐰
    • ホストマザーとの街歩き。ロンドンとの違いは?
    • 午後は太陽の下でアフタヌーンティー。
  • どうして無料で受け入れるの?
  • まとめ

無料で田舎にホームステイできるサービスとは?

イギリスの大学院では、入学後にInternational Students向けのオリエンテーションがあります。銀行の立ち上げ、オイスターカードの使い方など、生活面についての説明が主。

その中で、チラシに挟まっていたのが本日紹介するHOST UK

HostUK :: Home

イギリス留学中の学生が、週末やクリスマス休暇を使って無料で田舎町の家庭に泊まれるサービスを提供しています。

※現在はコロナで一時停止中。Twitter等で情報がチェックできるかも!👇

HOST UK (@Official_HOSTUK) | Twitter

登録には大学名と学籍番号の入力が必要です。他には

  • アレルギーやペットの有無
  • 同伴者(彼氏など)はいるか
  • 交通費(自費)はいくらまで払えるか

等を入力し、数日以内にホストが決まります。あとは、指定された駅に行くだけ!

ちょっとした手土産を持っていくと喜ばれます。

イギリスの上流家庭を覗いてみました!

私は、ロンドンから電車で南に1時間弱のハンプシャーにある、豪華な上流階級のお宅にお邪魔しました。元教師のお父さんと元会計士の二人暮らし。二人とも退職し、素敵な人生を楽しんでいるご家庭。

2泊3日で体験した、素敵なイギリスの生活を紹介します。

手作りコース料理がとても美味しかった💓

夫婦が料理する姿を見て、ハーモニーを感じることって皆様ありますか?そもそもお父さんが料理する姿を見るのも稀なのに...

二人がキッチンでいる時は、まるで舞台を見ているかのように、何も言わずともわかり合ってベストなタイミングで料理が仕上がる。

f:id:nemusblog:20200807232037j:plain

前菜、メインとデザートにチーズまで。もちろん、日曜日のお昼は名物サンデーローストです。

f:id:nemusblog:20200807232318j:plain

f:id:nemusblog:20200807232325j:plain

デザートだって手作り。キッチンには常に新鮮な果物がたっぷり置いてあるところまで素敵。

f:id:nemusblog:20200807232322j:plain

チーズはイギリス産のもの。私的に、チーズはフランスやイタリアの印象が強いのですが、イギリスにもこってりと美味しいチーズがたくさんあります。

f:id:nemusblog:20200807232159j:plain

チーズの名産地を訪れる旅、なんていうのも楽しそう!

実はフランスのチーズ農家で働いていたほど大のチーズ好きな私です 

夜はリビングでゆっくりボードゲームを

ヨーロッパってリビングにテレビがない家が多いなと思います。特に最近は若い世代でも増えているけれど...

ソファーの真ん中には暖炉が。ここで家族写真を見せてもらったり、ボードゲームを楽しんだり。

f:id:nemusblog:20200807232058j:plain

イギリスの地方の家って、私がAirbnbで泊まった時も感じたのですがリビングのあちこちにボードゲームがあるんですよね。ちょっとしたバカンスの食事後に、みんなで遊んだりしていました。

まるでホテル!?焼きたてパンと朝ごはん

マフィンとか朝から焼いちゃうんだ!と驚きで溢れた朝ごはん。「マフィンレシピ100選」みたいな本を見ながら、お父さんがベーコンマフィンを焼いてくれました。

f:id:nemusblog:20200807232313j:plain

お母さんは庭で採れたフルーツを。シリアルはWaitroseのもの、ていうかこの村にはWaitroseしか見かけなかったかも(イギリスの高級スーパー)

f:id:nemusblog:20200807232121j:plain

いつも私が食べているRIDLの格安シリアルとは雲泥の差でした....くう

外は一面の緑!動物にも出会えます🐰

息子が使っていた、という大きな部屋の窓からは一面の緑が。時々ウサギや小鹿にも出会えます。

f:id:nemusblog:20200807232127j:plain

ちなみに、隣人は馬を所有しており、家の前で乗馬を楽しんでいました。イギリスってこんなに自然豊かなんだ、とロンドンしか知らなかった私はびっくり。

f:id:nemusblog:20200807232241j:plain

ドライブで近所の国立公園にも連れていってもらいました。牛や馬、子豚までいて、大自然の中で癒される週末でした。

f:id:nemusblog:20200807232251j:plain

ホストマザーとの街歩き。ロンドンとの違いは?

ロンドンから南に行ったハンプシャー州の小さな駅でおり、そこから車で数十分の小さな街。カフェやパブ、スーパーなどがこぢんまりと並び、人々は皆顔見知りのような雰囲気を感じます。

f:id:nemusblog:20200807232154j:plain

教会前ではマルシェが開かれ、地元の野菜や乳製品がずらり。どこに行っても変わらない、地方ヨーロッパの素敵な景色でした。

f:id:nemusblog:20200807233149j:plain

こういった小さな街でも、OxfamやSave the Childrenなどのチャリティーショップは多く見かけました。お母さんや、その知り合いも様々なチャリティー活動をしているそう。イギリスの人たちにとって、チャリティーが身近にあることを感じました。

午後は太陽の下でアフタヌーンティー。

お別れの日の午後は、太陽の光が差し込む部屋の一角で優雅にお茶タイム。以前フランスにいた時も感じましたが、自然の美しさを取り入れて時間を優雅に過ごすのがヨーロッパの人はとてもうまいな、と思います。

f:id:nemusblog:20200807232246j:plain

Facebookを交換して、また会おうね!と約束してお別れしました。その後も、誕生日の日は連絡をくれたり、SNSでよくやりとりをしています。

どうして無料で受け入れるの?

このサービスは、団体側からもお金をもらっておらず、家族はボランティアで受け入れてくれています。無神経で、でもどうしても気になった私は「なぜボランティアでこんなにもてなしてくれるの?」と聞いてしまいました。

ホストファミリーの返事は、

「これが日常である私たちにとって、あなたから学ぶことはたくさんあるの。それに、忙しい留学でロンドンだけしか知らずに終わるのはもったいない、イギリスの美しいところをもっと知ってほしい

と。こんな素敵な心を持って、ボランティアでこんなに素敵な経験をしてくれるなんて。そう思う人たちがたくさんいて、このサービスができているなんて。

素敵な景色と心に感動させられた週末でした。

まとめ

特にロンドンで暮らす留学生にとって、地方に行く機会はなかなかないもの。でも、変わっていく英語のアクセントだったり、地元民に愛されるパブだったり、どこまでも続く緑と羊だったり。地方にしかない景色もたくさんあり、むしろそんな景色がイギリスの大部分を占めているのかも。

忙しい留学生活の中で、ほっと落ち着きながら新しいイギリスを覗くきっかけとなりますように🐄💛

続きを読む

アフリカで留学?!モロッコ留学生の暮らし。週末編  

f:id:nemusblog:20200727221333p:plain

お疲れ様です。カンボジア在住のnemu(@nemusblog)です。

先日、本ブログにてフランス語学習としてのモロッコ留学について紹介させていただきました。

単独世界一周旅行の途中、約1ヶ月モロッコの首都・ラバトに滞在しながらフランス語を学んでいました。

元々3ヶ月フランス・リヨンにてフランス語を勉強していましたが、モロッコでの1ヶ月を経ていきなり挑戦したDELFB1にも合格することができ、実践を兼ねて過ごしたモロッコ生活はとても有意義だったなと実感しています。

今回は、そんなモロッコ留学中に勉強以外でどんなことをしていたか?についてまとめてみました。

私は一人で渡航していたこともあり、ムスリムが多いモロッコでは、女の子一人でぴょんぴょんカフェに行ったりすることはあまり一般的ではありません

特に私は外国人、アジア人、ムスリムじゃない、、ということで、何かと目立ってしまうことも多く、しっかりと適応しながら過ごす必要がありました。

そんな中でも、フランス語も学びながらモロッコの魅力もたっぷり楽しんだ留学生活。勉強の合間や週末の過ごし方について紹介します。

  • 放課後はスークで可愛い雑貨探し!
  • 地元のオーガニックコスメを楽しんでみる
  • モロッコ雑貨に一目惚れ。
  • サハラ砂漠に泊まってみる
  • シャウエンまではバスに乗って
  • まとめ

放課後はスークで可愛い雑貨探し!

学校は午前中で終わるため、午後は課題を終わらせてから街へ。夕方からはスークと呼ばれる市場があちこちで開かれています。

f:id:nemusblog:20200801213632j:plain

洋服や電化製品、布や雑貨まで何でも売られていました。観光地のスークでは英語も通じますが、フランス語が話せるともう少し奥まで、アラビア語が話せるともっと奥まで、、という感じで奥に行くほどローカル色に。

ただ、奥の方まで行き過ぎると迷子になってしまうので注意。

f:id:nemusblog:20200801214714j:plain

食材や、軽食などを売っているスークもあります!モロッコはいろんな種類のオリーブを料理に使うのが魅力。オリーブ屋さんでは、たっぷり試食しながら買うことができます。

f:id:nemusblog:20200801213645j:plain

地元のオーガニックコスメを楽しんでみる

天然素材を使ったオーガニックコスメを売っているお店も、スークの中に見つけることができます。ここは何度行っても楽しい!

f:id:nemusblog:20200801213637j:plain

オーガニックコスメ、と言っても見た目はただの泥や石に見えるのですが...。サボテンから採れるオイルや、日本でもよく使われるアルガンオイルの他、ガスールクレイといったパックや洗浄に使えるものまで揃っています。これはどうやって使うの?と会話しながら楽しめるのでおすすめ。

特にガスールクレイは、私も留学中に使っていました。鉱山から採れる粘土なのですが、髪を洗ったり肌のパックに使えます。無駄に皮脂を取りすぎずに洗えるので、乾燥気味なモロッコでは大いに助かりました。

その土地ならではのコスメや食事がその土地の気候にも合っている!という発見がとても好きです。

\日本や韓国のコスメにも含まれています!実は今もLUSHのガスール商品を使っていたり。/


モロッコ雑貨に一目惚れ。

モロッコの雑貨っていちいちめちゃめちゃかわいいんですよね(語彙力)!世界一周中、唯一「世界一周じゃなければなんでも買えて持って帰れるのに!」と思ったのがここモロッコ。そう、世界一周中って気軽に大きな買い物できないんですよね...

f:id:nemusblog:20200801223142j:plain

特に革製品や陶器、手芸品などは繊細でおしゃれなデザインのものばっかり。モロッコに来る際はぜ!ひ!大きなスーツケースで。

これはシャウエンの壁に掛けてあった商品。青い壁にぴったり。

f:id:nemusblog:20200801213714j:plain

部屋の内装なんかもとても可愛くて、安めのホテルでも贅沢な雰囲気で楽しめちゃいます。タイルなんかも買い集めてた友達がいて、羨ましかった...

f:id:nemusblog:20200801223108j:plain

サハラ砂漠に泊まってみる

留学中は、週末にマラケシュまで行き、そこからバスでサハラ砂漠に泊まるなんていう弾丸旅行も楽しみました。いろんなプランがあるんですが、ラクダに乗ってテントまで行き、そこで泊まって朝日を見るプランに参加。

f:id:nemusblog:20200801214103j:plain

ラクダはおしりが裂けそうでした。

f:id:nemusblog:20200801214112j:plain

砂漠からの星空ってめちゃめちゃきれいらしいのですが、疲れてた私は夜空を確認することもなく寝てしまいました。

ちなみに、テントではベルベル族の方々がミントティー を淹れてくれて演奏なんかもありました。楽しかったな〜〜
f:id:nemusblog:20200801214016j:plain

シャウエンまではバスに乗って

インスタ映え地シャウエンも、バスに乗って首都から数時間で行くことができます。モロッコにいながら、スペイン語が聞こえる街シャウエン。

猫が多い街としても有名で、とても癒される週末を過ごすことができました。

f:id:nemusblog:20200801213706j:plain 

f:id:nemusblog:20200801213958j:plain

シャウエンではAirBnBに泊まり、静かでゆっくりとした週末を。

観光ツアーに参加してぱぱっと制覇するのではなく、暮らすように旅するスタイルが好きだなとこの頃から感じるようになりました。

まとめ

実は昨年末、クルーズ船に乗ってジブラルタル海峡を渡っていました。左にはスペインのグラナダ、右にはモロッコのシャウエン。何度訪れても、また行きたい、もっと知りたいと思わせてくれる地です。

フランス語が使えたことで見れたものはたくさんありますが、アラビア語ができれば、スペイン語ができれば、もっともっと違った世界が見れるのかなと思うとワクワクしてきますよね....また行けますように!🇲🇦

 

続きを読む

海外で栄養士になる!海外大学院で学んだ国際栄養とは?

f:id:nemusblog:20200725153457p:plain

こんにちは!カンボジアで野菜栽培に没頭しています、nemu(@nemusblog)です。

 

最近、私のTwitterを通じて国際栄養分野で活躍する方々との繋がりを広げることができており、とても嬉しく思っています。

 

今回は、そんな”国際栄養”について、栄養や国際協力に興味のある方向けに記事を書きました。

 

どんな専門なの?日本の栄養士とどう違うの?といった点について
イギリスで国際公衆栄養学修士を取得した私の視点で紹介させていただきます。

 

  • 国際栄養士ってなに?
  • 国際栄養について
  • 私の専門:国際公衆栄養
    • Policy and Governance for Public Health Nutrition
    • Global Challenges for Food and Health
    • Nutrition Interventions & Programme Planning
    • Nutrition in Emergencies (NiE)
  • どんな分野で活躍しているの?
  • 国際栄養の道に進みたい方へ

国際栄養士ってなに?

f:id:nemusblog:20200815165854p:plain

よく、この類の情報を集めていると”国際栄養士”という仕事があるのか?と思う方もいるかと思うのでここで再定義を。

 

国際栄養士とは、母国/海外問わず国境を超えて栄養分野で活躍する栄養専門家のこと...
だと認識しています。

というのも、特に国際栄養士という固定の資格があるわけではなく

母国の栄養士資格を持つ人、海外の栄養士資格を持つ人、資格は持たないけれど修士博士として栄養を専門とした人...などが

その専門性を生かして世界で活躍していると、このようにまとめられるようです。

日本では資格がまず聞かれる印象ですが、実際に海外のポストなどでは資格だけでなくどの修士を持っているか、どんな経験を重ねてきたか、で総合的に専門性が見られるため、白黒で定義できるものではないなと感じます。

 

国際栄養について

f:id:nemusblog:20200815165935p:plain


ただ、国際栄養という分野はあり、日本の大学などでも授業に組まれていたりするようです。

 

これは国際保健、国際看護のように、海外の栄養課題やその解決法について総合的に学ぶもの。

 

私の小さな経験と学びからですが、食生活が基となる栄養分野では、国や地域によって栄養課題もその理由も本当に日本とは異なることばかりだな、と感じています。

 

f:id:nemusblog:20200727203251j:plain

 

私は「栄養士になりたい」と思ったのがインド・スラムの路上だったこともあり

最初から途上国の栄養課題を解決するには、どんな専門を極める必要があるんだろう?と思っていました。

 

そこで、国際栄養の中でも私が最も魅了された、国際公衆栄養について紹介します。

私の専門:国際公衆栄養

f:id:nemusblog:20200815170135p:plain



私の専門はInternational Public Health Nutrition、世界の公衆栄養課題についての学問です。

公衆栄養は、日本の管理栄養士養成課程でも学ぶので割愛しますが、簡単に言うと集団の疾病予防・健康推進を栄養から支えるという視点。

なので、病気を持つ個人に対する臨床栄養とは全く異なります。

 

日本では「公衆栄養」の1科目ですが、公衆栄養の修士課程では例えば以下のような分野を学びました✏️

 

Policy and Governance for Public Health Nutrition

 

その国の健康や栄養状態に影響を及ぼす政策やガバナンスについて学びます。

政策提言や枠組みについて学ぶ一方で、実際に一つの国の栄養政策を選んで分析する課題もありました。

 

それぞれの国の背景(歴史や文化、他国との関わりなど)を理解して効果的な政策とは?について考える分野です。

Global Challenges for Food and Health

 

今世界が直面している様々な食の課題ー持続性、安全性、公平性などーについて学びます。

どうしてその課題が起こっているのか、マルチセクターの取り組みでどのように改善に向けて動いていけるのか?について考えました。

 

気候変動や紛争での影響から、文化的・宗教的側面の食の変遷などにも触れることができ、とても興味深かったです。

f:id:nemusblog:20200614172549j:plain

Nutrition Interventions & Programme Planning

 

その国の栄養課題を解決するために、どう効果的な介入を行うか?に焦点を当てスキルを学ぶ授業。

実際に、一つの国の栄養課題を挙げ、国際組織のプログラムオフィサーとしてどんなプログラムを行うか、予算や人材の導入面から計画、評価とモニタリングまでをプレゼンする課題もありました。

 

今の仕事で一番役に立っています。

Nutrition in Emergencies (NiE)

 

これは、国際栄養組織(WFPやSave the Children、Action against hungerなど)での勤務を希望する際には、習得が求められているポストもある分野。

災害や紛争時の緊急栄養支援をどう行うかについて学ぶものです。

 

実際に、フィリピンの台風が起こった事例やベネズエラで国境が封鎖されている事例を用いながら、何を優先してどう人々に支援を届けるかについて勉強しました。

f:id:nemusblog:20200614172506j:plain

どんな分野で活躍しているの?

f:id:nemusblog:20200815170045p:plain

国際公衆栄養を学んだ学生の多くが、国際NGOや保健・栄養に関する国連機関、また母国に戻って保健省などで働いています。

その他、イギリスでフリーランスの栄養士として活躍したり、栄養ライターとして食育やコロナと栄養の関連について発信しているクラスメイトもいます。

 

私は卒業後、ケニアやガーナ、タンザニア等様々な国の栄養プロジェクトを検討し、結果カンボジアの栄養事業に関わらせていただいています。

国際栄養の道に進みたい方へ

漠然と「飢餓を無くしたい」「食べられなくて苦しむ人を無くしたい」といった思いで、
国際栄養に興味を抱く人って結構多いんじゃないかな、と思います。

 

栄養の専門だけでは解決できない課題ですが、複雑な要因を適切に分析し、効果的なプログラムを組み立てていく技術はとても役に立つと感じました。

 

まだまだ私も勉強中ですが、日本だけでは情報の少ない分野なので、これから少しずつ発信していければと思っています🌹⭐️

 

 \海外×栄養士の記事はこちらにも/

www.nemusblog.info

www.nemusblog.info

www.nemusblog.info

 

続きを読む

【体験談あり】格安フランス語留学!おすすめの3カ国比較

f:id:nemusblog:20200725153906p:plain

こんにちは!nemu(@nemusblog)です。

私の暮らすカンボジアは、フランスの旧植民地国。若い世代にフランス語を話す人は多くありませんが、首都の大きな大学や病院ではフランス語をよく見かけます。

以前フランスとモロッコにてフランス語留学をしていた私は、フランス語に触れ続けたい!と思ったのも、ここカンボジアに魅かれた一つの理由だったり。休日を利用しながら、どこでフランス語が学べるのか、ここカンボジアでも探している段階です。

今回は、そんな”フランス以外”で学ぶフランス語について紹介します。私の経験から、おすすめしたい3カ国の暮らしや費用をまとめてみました。

\モロッコ留学についてはこちらでも詳しく紹介しています/

 

  • カンボジアでフランス語を学ぶ
  • モロッコでフランス語を学ぶ
  • セネガルでフランス語を学ぶ
  • まとめ

カンボジアでフランス語を学ぶ

  • 費用 ⭐️⭐️⭐️
  • 生活 ⭐️⭐️
  • 上達度 ⭐️

  最初の国は、今わたしが暮らしているカンボジア
カンボジアには首都プノンペンと、中都市バッタンバンにInstitut Francaisがあり、
現地の人向けのフランス語コースを開講しています。

費用は以下の通り。46時間でB1/2レベルだと$130ほど。テキスト代は別になります。

f:id:nemusblog:20200725221600p:plain

 生活に関しては、アジアということもあり日本食レストランは豊富でイオンモールがあり、日本人の交流も多いのでそれほど大変ではないと思います。
食べ物も、アジアの味なので世界でみたらまだ馴染みがあるほう。
暑さと、交通ルールの悪さが少しネックだと感じるので星-1で⭐️

 ただ、現地の人はフランス語を話す人がとても少ない!ので
上達するには結局自分次第といったところになりそうです。

フランス系の会社やNGO団体が多く入っており、フランス人もたくさん住んでいるので、
自分から環境を選べばフランス語に浸かって生活をすることも可能かも。
少なくとも英語も通じにくい国なので、日本語や英語に逃げてしまう、
といったことはないかな?と思います。

モロッコでフランス語を学ぶ

  • 費用 ⭐️
  • 生活 ⭐️
  • 上達度 ⭐️⭐️

 先日別記事でも紹介したモロッコでの留学。
フランス本国に比べたら安いものの、カンボジアや後に述べるセネガルと比べると、全体的には高くついてしまいます。

授業料は80時間で€520程度
住む場所を工夫すれば、総額を抑えることはできそうです。

 食べ物はどちらかというとアフリカよりも中東系。
オリーブやクスクス、羊肉などをよく食べているので、苦手な人もいるかもしれません。
私はヘルシーでとても好きでした!

また、イスラム教の国ということもあり、生活は日本と全く異なります。
異文化での生活を経験してみたい、という意味ではとても有意義な学びが得られるかと思います。

f:id:nemusblog:20200725143353j:plain

 フランス語よりも、耳にするのはアラビア語
ただ、話せばフランス語が分かる人ばかり(少なくとも私の暮らしていた首都で出会った人たちはそうでした)

日常の買い物やちょっとした旅行で、現地の人と会話を楽しむことができます。
テレビやラジオもフランス語、街中の表記もフランス語とアラビア語が書かれていたりするので、日常で触れる機会はたくさんありました

f:id:nemusblog:20200725143343j:plain

セネガルでフランス語を学ぶ

  • 費用 ⭐️
  • 生活 ⭐️⭐️
  • 上達度 ⭐️⭐️⭐️

 最後に紹介したいのは、西アフリカのセネガル
ここはTHEアフリカ、という感じの国ですが、治安も良く青年海外協力隊員も多く派遣されていました(以前は、、)

そして何よりも日常の様々なシーンでフランス語が聞こえます
一応、ウォロフ語などといった現地語はありますが、国の公用語はフランス語ということで、一定年齢以上の子ども達からはフランス語が話せていました。
フィリピンにおける英語のようなイメージでしょうか。

 私はここで、DELFを受験したのですがB1で30,000CFA($53ほど)でした。
現在は、学期毎の授業が30時間/60時間で、費用はレベルによって学生$35-140とのこと。いずれにしても安い、、!

f:id:nemusblog:20200726231054j:plain

 食べ物も、日本人好みの味と言われるほど意外に口に合うものが多かったです。
ここもムスリムの国ですが、モロッコほどの厳格な印象はなく、暮らしやすかった印象。

気候も時期によりますが、過ごしやすくからっと晴れた日もよくありました☀️
地方都市に行くと、もう少し暑かったりします。

f:id:nemusblog:20200725223640j:plain

 人々がとても優しく、歩いていると「お茶してるんだけど、あなたもどうぞ!」
と言われるほど、外国人の私でも現地の人の輪に溶け込める機会が多くありました。

基本どこでもフランス語で会話ができるので、
必要最低限”以上”の会話を楽しみながら、語学を伸ばすことができた気がします。

まとめ

 いずれも、私が実際に現地で暮らし、日常を体験しながら思ったことになるので
あくまでも個人的な意見です。

ただ、フランス留学となると費用も高く、人によっては英語が通じるとなかなかフランス語が上達しなかったりすると思うので
第三ヵ国を視野に入れてみるのもいいかもしれません👀⭐️

読んでいただき、ありがとうございました🌹

 

\フランス語留学については、こちらでも紹介しています/

www.nemusblog.info

 

www.nemusblog.info

 

続きを読む

アフリカで格安フランス語留学!?モロッコ留学のススメ

f:id:nemusblog:20200725140811p:plain

こんにちは。雨季真っ只中のカンボジアから、nemu(@nemusblog)です。
実はこのブログを始める前、世界一周中にも別ブログを運営していたのですが、久しぶりに覗いてみると懐かしいエピソードがたくさん出てきました。

日記のように当時の記憶が蘇ってくるブログっていいなあ、、と改めて。

今回は、まだまだ情報の少ないモロッコ留学について紹介してみたいと思います。

モロッコ留学を考え始めた背景には、当時人気だったフィリピン留学の存在があります。
イギリスやアメリカの語学留学に比べ、安く学べるフィリピンでの留学。同じように、フランス語も安くで学べる国があるんじゃないか?と思い、探してみることに。

結果、日本人も行きやすい語学学校があるのはモロッコ
ホームステイや個別レッスンなどの対応ができそう(学校ではない)のはセネガルとガーナに見つけることができました。

まだアフリカ大陸は未踏だった私。セネガルやガーナは、THEアフリカ!な印象がある一方、ディズニー映画アラジンが好きな私は、アラビアンな雰囲気のモロッコに対する興味はとても大きく、砂漠や青い街のイメージしかないモロッコで生活するって面白そう!!という理由からモロッコ留学のリサーチを始めました。

ちなみに、留学準備を始めたのはちょうどフランスで農家ホームステイをしていた頃。なので実際に渡航する2ヶ月ほど前でした。フランス農家の体験はこちらでも紹介しています。

はてな公式でも紹介していただいた、仕事や生活についてはこちらにも!

www.nemusblog.info

さて、あまり経験者の多くないモロッコ留学。生活や学んだことを紹介します🌼

  • 留学期間と場所
  • ホームステイ先は?
  • 1日のスケジュール
  • 学校について
  • かかった費用について
  • まとめ

留学期間と場所

スタンダードコース 20レッスン/週 (fra) 09-05 — 09-30(4 週)

ホームステイ 1人部屋 09-04 — 10-01(2食 含む)

期間の詳細は上記の通り。モロッコに留学していたのは、単独世界一周をしていた時の9月の1ヶ月間。語学学校は4週間で申し込みました。

留学先はモロッコの首都ラバト!これが面白くて、モロッコって観光地(マラケシュやシャウエンなど)には外国人対応のお店や英語話者もいるのですが、首都でありながら観光客のいないラバトは、そんな”外向けのモロッコ”ではない現地の生活に触れることができました。

ホームステイ先は?

私は1人部屋のホームステイをリクエスト。と言っても、あまり留学生自体が多くないので、2人部屋という選択はなかったはず。寮やホステルを選ぶ生徒もいましたが、文化や食事も知りたかった私はホームステイに。食事は朝晩つけてもらい、毎日豪華なモロッコ料理を楽しみました。

f:id:nemusblog:20200725143353j:plain

私の家は国王の住む場所から程近い高級住宅街。モロッコの高級住宅って本当にお城みたいな内装で、骨董品やら絨毯やらがずらり。。一人息子の3歳の男の子と猫とご両親、そしてフランスからアラビア語を学びにきている生徒さんとの共同生活でした。

ちなみに、ラバトのホームステイ先はHomestay in Rabatというサービスがやっています。Facebookページもあります!

1日のスケジュール

7:30 起床、朝ごはんとミントティー
8:30 タクシーで学校へ
9:00-13:00 授業(3コマ)
~16:00 学校近くのカフェで課題
夕方 スークで買い物、歩いて帰宅
18:00 夕食
夜  課題、友人に電話
24:00 就寝

 学校は午前中のみだったので、午後は近くのカフェで課題をしていました。カフェで勉強、といってもモロッコのカフェは男性ばかりで女性が入りやすい場所を見つけるのは少し大変。結局ピザ屋さんやファストフード店で勉強することも。

f:id:nemusblog:20200725143343j:plain

夕方はスーク(マルシェのようなもの)があちこちで賑わうので、そこに出かけてかわいいモロッコ雑貨を物色したり、フランス語を使いながら会話を楽しんでいました。学校から家までは徒歩だと40分ほどあったのですが、今までどの国でも見たことのない景色の中を歩くのはとても楽しく、いつも歩いて帰っていました。

f:id:nemusblog:20200725144320j:plain

学校について

私が留学していたのは、日本にも受付窓口のある大きな語学学校日本語でやりとりができる、という点がモロッコ留学に踏み出した1番の決め手でした。やっぱり、何もわからない国で問題が起こったりした時にフランス語とアラビア語でしか対応ができない。。となると大変なので。

初日にクラス分けのテストを行い、既にフランスで3ヶ月語学学校に通っていた私はB1のクラスに。クラスメイトは私以外のアメリカ人二人。どちらも仕事の関係でモロッコに来ており、会社の手当てで学校に通っているとのこと。先生は英語もペラペラだったので、授業が白熱すると英語で討論が始まることもあり、私にとっては非常にチャレンジングな毎日でした。

f:id:nemusblog:20200725144923j:plain

かかった費用について

本留学、1ヶ月でかかった全費用は以下の通りです。

  1. 授業料(週20時間、4週間) €520
  2. 宿泊費(ホームステイシングル、食事付き) €609
  3. 入学金          €60
  4. 宿泊施設手数料      €80
  5. 空港送迎費        €50

合計€1319。宿泊はホームステイ&一人部屋&食事付き、そして一人でのモロッコ着が不安だった私は夜着の空港まで迎えに来てもらい、1泊追加で宿泊もお願いしました。なので、プランとしてはかなり贅沢に、安全と経験に追加費用を出したと思っています。

本場フランスに留学した場合は、一概に比べるのは難しいですが私はリヨンに3ヶ月で約70万。これは、長期割引が適用された上での価格。1ヶ月だと(詳細は出していないですが)20-30万程度だったと思います。

リヨンも英語話者は少ないですが、モロッコは学校を出ると本当にフランス語かアラビア語しか聞こえず、そういった意味では学外の生活の中で鍛えられる機会はとても多かったです。加えて、文化の違いが強烈だったのでその面の学びを含めると、この金額の自己投資に対して大きすぎるリターンがあったと感じています。

まとめ

本記事ではモロッコ留学の概要についてさらっとまとめてみました。生活のエピソードや、モロッコ留学の楽しみ方についてはまた改めて。休日のプチ旅行がとても楽しかった!話や、物価が安くいろんな経験ができたこともこの留学の大きな思い出。

フランス語を学ぶ際に、当たり前のようにフランス以外の選択肢を選ぶ機会が増えるといいなあ。。と思います。読んでいただき、ありがとうございました🇲🇦

f:id:nemusblog:20200725143504j:plain



 

続きを読む

どうしてイギリスにしたの?大学院の国選びについて。

f:id:nemusblog:20200725135619p:plain

こんにちは!昨年イギリス大学院を卒業しましたnemu(@nemusblog)です。

今日は、大学院の国選びについて、私の経験からお話しします。

最近、Twitter等で大学院留学についてご相談いただけることが増えました!ありがとうございます。
一意見ではありますが、日々TwitterやBlogで発信している情報が誰かの参考になってもらえたらとても嬉しく思います。 

さて、海外の大学院に留学する際に挙げられやすい国は以下が多いのでは?

  • イギリス
  • アメリカ
  • オーストラリア

わたしnemuも、いつか機会があればフランスで2つ目の修士を取得したいと思っています。その条件をクリアできるように、カンボジアでもフランス語学校に通う予定。他国に比べて大学院費用が安いのでとても魅力的だと感じています。

実はヨーロッパの非英語圏では大学院費用が安くておすすめだったりするのですが、今回は割愛します。

完全に個人的な意見ですが、こういった視点もあるなと思ってもらえたら嬉しいです。

  • なぜイギリスを選んだの?
    • 理由①一番学びたいコースがあったから
    • 理由②1年で修士がもらえるから
    • 理由③海外に気軽に行けるから
    • 理由④アメリカ英語よりもブリティッシュ英語を話したかったから
  • イギリスを選んで後悔したことは?
  • 私が感じる、その他の国のメリット
  • まとめ

なぜイギリスを選んだの?

理由①一番学びたいコースがあったから

  1番の理由はやっぱりこれ。実は、英語圏とフランス語圏を合わせて10カ国近くの大学院を調べていたのですが(カナダ、アメリカ、フランス、セネガル、、など)

私の専門分野はとてもマイナーということもあり、ぴったりだと思えるコースは3つしかありませんでした(イギリス2校、アメリカ1校)

立地や費用等抜きにして、純粋に学べる内容だけで絞ってたったの3校。。その中から、

  1. 卒業生の活躍している機関
    (それが私の希望と一致しているか)
  2. 教授の経験値
    (アカデミックレベルではなく、現場の経験が長いか)

の2点で吟味し、一番行きたい大学院をロンドンに見つけることができました。

おそらく、有名な教授がいるかとか研究設備が整っているか。。などの点も気にする方は多いかと思うのですが、

途上国の現場に触れたことのない教授から途上国支援の学びは受けたくない!と思っていたので(笑)、現場で働いていた経験が長い教授がコースリーダーを務める大学院を選びました。

理由②1年で修士がもらえるから

 これも、大学院を調べ始めたばかりの人は意外に知らなかったりもしますが。。

イギリスはほとんどの大学院が1年で修了します(LSEの政策系は2年だったかな…??)

これはメリットもデメリットもあって、がっつり学問に励みたい人にとっては早すぎて物足りないかもしれません。

ただ、費用が1年分で良いことや、私は学部時代に1年休学していたので、修士は早く取ってしまいたいというのはありました。

 国連系はほとんどが修士号の取得を求められるので、必要なものは早く取っておくに越したことはないと思い(同じ理由でフランス語と英語も習得済みです)1年で修士が取れるイギリスを選びました。

f:id:nemusblog:20200614172545j:plain

理由③海外に気軽に行けるから

 海外にいるやん!って感じですが(笑)旅好きで、以前フランスに住んでいたこともあるのでヨーロッパが気軽に行けるのはやっぱり嬉しい!

アフリカも研究対象にしたかったので、アフリカに強いのは英国だなとも思いました。

 対してアメリカは中南米に強い印象。アメリカは国内移動だけでも大変なのに、ちょっと他の国に遊びに行こうとか難しいんだろうな〜〜と思うと、

数千円で地中海やオーロラを見に行けるなんて魅力的だと思いました。

今後、このキャリアを進む上でどれだけ自由に旅できるかわからなかったので、ストレスが溜まりやすい大学院生活は旅と隣り合わせが良い!と思っていました。

理由④アメリカ英語よりもブリティッシュ英語を話したかったから

 Gleeやビバリーヒルズ青春白書など(古い)アメリカのドラマがきっかけで海外に興味を持ったのですが、私的にはアメリカはあまり綺麗な英語じゃないなと…(すみません)。
汚いスラングが聞こえるよりも、これでもかというほど周りくどくて丁寧でセクシーなブリティッシュ英語に囲まれたい!と英語のヒヨコだった私は思っていました。

ちなみに、出国前になってもブリティッシュ英語とアメリカ英語の違いがわからないレベルの英語力でしたが、今は完全にブリティッシュアクセントになりました。

ロンドンにはきれいなブリティッシュ英語を話す人ばかりではないですが、それでも居心地の良いアクセントに囲まれて過ごせたのは幸せでした。

イギリスを選んで後悔したことは?

 

  •  物価がなんでも高いこと
  •  美味しい食べ物を探すのが大変(わたし的に)

 後悔したことはありませんが、物価の高さと食べ物の美味しさに関しては、最後までもやもやと残っています。

特に栄養分野で進学したので、ロンドンに来て最初の頃はパブ飯もスーパーのお惣菜も美味しくなくて、味覚がないのか!?ここで食を学んでいいのか!?と焦った時期もありました(笑)。

生活していく中で、おいしいお店や料理を見つけるノウハウは習得していきましたが、やっぱり基盤としてなんでも美味しい国っていいよな〜と、ただの愚痴ですが。

 物価もロンドン中心部は本当に高くて、お金を使った贅沢はできませんでした。ただ、お金を使わなくても十分楽しめる街なので、そこにストレスを感じなければ問題ないかと思います。

f:id:nemusblog:20200725140025j:plain

私が感じる、その他の国のメリット

POINT

 

  1. その分野の学びをがっつり深められる
  2. いろんな目的で来た日本人に会える

 イギリスの他に、結構検討していたのはアメリカとカナダ、オーストラリア。どこも2年なので、しっかり学習して自分のものにしたい!という点では他国を選ぶのもありだなあと感じます。また、カナダやオーストラリアはワーホリで行きやすい国なので、いろんな日本人に会えるというのも、海外経験が少ない人にとっては安心かも….

 ただ、理由①の専門性の話を除くと、やっぱりイギリスで良かったなと思うことの方が多いです。私は自然が好きで、カナダやオーストラリアも憧れますが、イギリスの湖水地方の景色なんて本当にきれいだし、ロンドンのあちこちにある壮大な公園も、日常のふとした時間に足を運べてリフレッシュできました。

まとめ

 大学院留学は修士をとって、その後のキャリアに活かすため…!という理由が大半ですが、経歴には書けないそれ以上の大きな学びや経験もたくさん得ることができます。私は、キャリアだけではなく、生活や英語、ストレスマネジメントの面も総合的に考えて大学院を選びました。人の数だけ選び方はありますが、ぜひ参考にしていただけると幸いです。🌻

続きを読む

【nemu旅】リヨンから日帰り!フランスで最も美しい村ペルージュ

f:id:nemusblog:20200529142617p:plain

別世界に飛び込んでしまったような時間を過ごせる、
フランスの「最も美しい」村の数々。

〝フランスで最も美しい村(les plus beaux villages de France )〟協会が、
✔︎人口2000人以下である
✔︎保護されている2以上の重要文化財/歴史記念物がある
✔︎村議会で承認が得られている

以上の3つの前提条件を満たした村が応募でき、27項目の基準で審査された村々。
昔ながらの田舎の景観を保護するために協会が定めていて、現在様々な条件を満たした156の村が登録されてます。

今回は、そんな村の一つPerougesに日帰りで行ってきました。

nemu旅は、わたしが21歳で単独世界一周をした記録をエッセイとして残していくもの。旅慣れていなかったわたしが様々な人や価値観に出会った学びをシェアしていきます。

\前回の旅エッセイはこちら/

 

www.nemusblog.info

 

リヨンから日帰りで行ける街。

f:id:joliegirl1226:20160307061753j:image
 
リヨンからペルージュまでは、なんとバスで2ユーロという安さで行けます♡
ただ、土日は本数が少なく 日曜日は2本しかないため、
早起きして8時にHôtel Dieu前のバス停から出発しました🚌
 
川沿いを北に行くこと約1時間。ゆっくりとした雰囲気の街、メクシミューに到着。
そこでバスを降りて、さらに20分ほど坂を登ると、右側の丘の上に石畳の村が見えてきました。 
f:id:joliegirl1226:20160307061810j:image
この看板が目印! 

中世の雰囲気を静かにゆっくり楽しむ。

村は全体で直径約200mほどしかなくて、
ぐるっと回っても散策しても すぐに同じ場所に戻って来れるくらい。
小さな村ですが、レストランや教会、ホステルや製紙工場など見所はいっぱいありました♡
f:id:joliegirl1226:20160307061835j:image
f:id:joliegirl1226:20160307061901j:image
▼どの道も石畳なので、歩きやすい靴で行くのがおすすめ。
f:id:joliegirl1226:20160307061927j:image
入り口近くのパン屋さんにある、ペルージュ名物のガレットがとってもおいしかったです♡
f:id:joliegirl1226:20160307061955j:image
お土産屋さんもいくつかあり、かわいい陶器や 剣や盾、鎧など売られていました。。。
中世感?ドラクエのような世界観を感じます。
f:id:joliegirl1226:20160307062036j:image
f:id:joliegirl1226:20160307062040j:image
村周辺には馬や羊もいてとっても自然豊か。リヨンの都会に疲れたら、週末ほっと息をつきに来たい場所。
f:id:joliegirl1226:20160307062103j:image
帰りは最寄りの駅からリヨンまで電車で30分!のどかな風景でした。片道7.5ユーロ。
 
バスの本数が少ないので、電車の時刻も調べて行くのがおすすめ。
リヨンやメクシミューの観光案内所でも教えてもらえます。
 
リヨンから近い素敵な村、ペルージュ。
中世にタイムスリップした雰囲気でとても楽しかったです♡

海外就職を考え始めたら。最初に行う3つのステップ〜初心者編〜

海外で働きたい人

こんにちは!新卒でカンボジアに就職しましたnemu(@nemusblog)です。

先日、無事就職3ヶ月が経ち、感じたことを以下の記事でまとめてみました。日本と違った学びと生活で溢れた刺激的な海外就職は、大変だけどやっぱり楽しい!と日々実感しています。

www.nemusblog.info

最近、友人やTwitterからのDMで「海外で働きたいんだけど何から始めたらいいの?」と質問をいただくことが増えました。新卒の方も、キャリアを重ねた方も含めて。

確かに海外には一括採用もなく、留学していた私自身も就活の情報がなかなか得られずにあたふたしていました。

海外就職のために準備することは、大きいことから小さいことまで含めるとたくさんあるのですが、今回は最初に行っておくと良い3つのステップについて紹介します。

※今回は、母国育ちand初海外就職という方向け。また、ワーホリでの短期滞在ではなく正規就職?の場合です。

  • はじめに:もし何がしたいかわからない状態だったら
  • ①JICA Partnerに登録してみる
  • ②Linkdinの登録に挑戦
  • ③現地在住の日本人が利用する求人サイトを利用する
  • まとめ:会社の異動に期待するよりも自分で動いてみる

はじめに:もし何がしたいかわからない状態だったら

海外で働きたいけれど、何を仕事にしたいかわからないという話も結構聞きます。私的にはそれもチャンスかな〜〜と感じます。がちがちにやりたい仕事を決めていると、見つけるのが大変だったりするので(私)。

そんな方が仕事を探し始めるときは、以下の手段で初めてみるのをおすすめします。

  1. これまでやってきた仕事と関連性のある仕事を探す
  2. 住んでみたい国から探す
  3. やってみたい仕事をインターンから始めてみる
  4. 語学学校に入ってみる

特に、海外インターンは大手団体等が運営していたりするので初めて海外で働く方でも安心です。こちらの費用負担が生じることもありますが、そこで出会った人に繋げてもらって次の仕事などを見つけることもしやすいんじゃないかなあと感じます。

語学に不安のある方は、語学学校に少し投資してみると就活サポートとかも受けられる場合があるので金銭的に余裕のある方にはおすすめ。

履歴書作成や、面接練習などもやってくれる学校などもあります💓

①JICA Partnerに登録してみる

私の経験上、仕事をもらいやすいなと感じたのは日本の組織の現地採用枠です。

様々な会社や団体が、現地駐在の募集を出しています。

特にJICA Partnerは国際関係の道に興味のある人向けで、多くが途上国の駐在となっています。

 

新卒でスキルがない場合はなかなか仕事をもらいづらいですが、職歴をある程度重ねている場合は、興味のある職種などを登録するとそれに合った募集が出た場合に連絡が来ます。

応募や面接も日本語ということが多いので、どんな仕事がよく募集されていて、どんな条件で働けるのか。を見るにはおすすめです。

ちなみに、日本と比較するとお給料が低くなってしまう印象がありますが、そのあたりの生活面等については以下記事でまとめています。

www.nemusblog.info

②Linkdinの登録に挑戦

jp.linkedin.com

まだ日本では欧米諸国ほど浸透していないLinkdin。

これは、Facebookの仕事探し版のようなもので、自分のプロフィールに職歴などを書いて仕事を探したり、オファーを受けることができます。

英語で職歴を記入することになるので初心者には少しハードルが高くなりますが、英文履歴書の書き方などを参考に作ってみてください🌼

 

まだ日本で使われていない、ということで、LinkdInに登録している日本人=英語ができる、海外が好き??という理由でか、外資系企業の海外駐在オファーの連絡が来ることがあります。

もちろんそこから選考を経ての採用ですが、それでも海外駐在を探している採用担当者と直接連絡を取ることができるので、結構効率的に仕事が探せると思います。

③現地在住の日本人が利用する求人サイトを利用する

これはワーホリの人も使う方法ですが、職種によってはビザの発給を行ってくれる企業が求人を出している場合も。

現地在住の日本人向けのウェブサイトの求人には、その地で日本人として働ける様々な仕事が紹介されています。

 

初めて暮らす街であれば、やっぱり日系企業で働く方が安心できるという方も多いはず。大都市が多くなりますが、例えばロンドンであればMixBが有名👇

uk.mixb.net

「〇〇(都市名)+掲示板」等で検索をかけてみると結構たくさん見つかります!お部屋探しや、家具のセカンドハンドなども購入できたりするので、実際移住が決まった時にも使えるサイトです。 

まとめ:会社の異動に期待するよりも自分で動いてみる

よく、海外で働きたい!という人が目指すのは海外支社がある会社に入って異動で海外に転勤すること。

優秀でかっこいいなあ、と思う一方で、何年経っても行かせてもらえないor希望通りじゃなかったという辛い話も結構聞きます。だからこそ、自分で直接海外求人を探してみる方法を今回はまとめてみました。

 

実際に、欧米で暮らしていた頃は国を跨いで仕事をすることは一般的で、そのハードルはどんどん下がっている印象もあります。

好きな国で好きな仕事をしながら生活するためのステップを踏み出すきっかけになりますように🌻 

続きを読む

#がんばれピースボート 通訳乗船者が思うこの船の魅力

ピースボート通訳経験の記事への画像です。

こんにちは。これまでバックパッカーと船で世界を二周していました🌍nemu(@nemusblog)です。 以前、本ブログでも英語通訳として無料で乗船したお話を紹介させていただきました。

www.nemusblog.info

そのピースボートが、このコロナの影響で船を出せずにいるとのこと。過去乗船者有志が立ち上げたクラウドファンディング#がんばれピースボートには毎日続々と支援が集まっていて、改めてこの船の繋がりを感じさせてくれます。

#がんばれピースボート コロナショックで船旅を出せないピースボートを助けたい! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

私も就職直前に、ピースボートに通訳として乗船していました。通訳(通称CC)はコミュニケーション・コーディネーターと呼ばれ、帰国子女や留学経験者が担っているもの。もちろん皆海外経験は豊富で、船の中でも海外を楽しむ様々なイベントをCC中心で行っていました。

そんな私たちでも、やっぱりピースボートは特別だったと心に大きく残っています。今回は、私がCCとして乗船して「ピースボートってすごい!」と感じた点について紹介します。世界で唯一無二の素敵な機会、絶対に終わってほしくないと強く思っています。がんばって....!

  • ピースボートだからできたこと
    • ①若い人が無料(or格安)で乗船できる
    • ②良いことばかりじゃない、世界の現実を学ぶことができる
    • ③寄港地での交流。世界との距離が近くなる
  • 個人的に超嬉しかった出来事たち
    • ベネズエラに行けた
    • 歴史を知ってから国を訪れる魅力を知れた
  • #がんばれピースボート

ピースボートだからできたこと

①若い人が無料(or格安)で乗船できる

これは私も✋ですが、通訳として無料で乗船できたり、ポスターを貼ったら割引きしてくれたり。ずっと思っている「若者は時間があるけどお金がない」を解決する画期的なアイデアだなと初めて知ったとき感動しました。実際船内には、ポスターを貼って無料で乗船している方もいました。

世界一周を、老後のご褒美じゃなくて、若者がこれからの人生を考えるきっかけとして経験するチャンスをくれる唯一の機会だと思います。ほかにも、Get Teacherといって外国人の英会話講師たちも無料で乗船していました。安全に、日々学びながら世界を旅できるなんて本当に素敵。

②良いことばかりじゃない、世界の現実を学ぶことができる

日本の団体とはいえど、船内は日本の外なので(!)どんな意見も受け入れられ、様々な現実を学ぶ機会に恵まれました。ただの豪華クルーズで、世界の綺麗なところを見るだけじゃなく、社会課題にも触れ、それを話し合う場もしっかりありました。重くて辛い学びを経験した後でも、それを考え話し合える人たちがいつもいたのはとても心強かったです。

きっと、ネットがあったらすぐ現実から逃げていたけれど、目の前のものしかない船の生活だからこそ様々な学びを自分のものにすることができました。

③寄港地での交流。世界との距離が近くなる

ピースボートならではの魅力の一つは交流ツアー。それぞれの寄港地で、現地の人たちと交流しながら彼らの生活や取り組みを一緒に体験することができます。CCたちも、クルーズ中1度は交流ツアーにアテンドさせてもらいました!

わたしは、アイスランドにある世界初のエコビレッジ「ソルヘイマル」ピースボート公式ページでも紹介されています。

世界初のエコビレッジ「ソルヘイマル」を訪問 ーアイスランド、レイキャビク | 国際交流NGOピースボート

通訳として、ガイドさんとはとても仲良くなれるのがCCのいいところ。ここでは、東欧から来て働く、同じ歳の女の子がガイドをしてくれました。なぜここで?という問いに、「自分が住んだことのない世界で全く違う人生を過ごしてみたかった」と話した彼女。

それでアイスランドに来るなんて!と驚きでしたが、好きな人生を歩んでいる彼女の笑顔が今も心に残っています。 

個人的に超嬉しかった出来事たち

ベネズエラに行けた

私が乗船した1番の理由はベネズエラに行きたかったから。今は旅人も行けなくなってしまったベネズエラ。栄養課題が特徴的で、大学院で扱っていたことから興味を抱いていた国でした。この目で見てみたい、でもどうやって?と考えていた時、寄港地リストに入っていたピースボートを見つけて即応募。

ベネズエラの友人ができ、様々な話を直接聞き、街中の様子もたくさん知ることができました。本当に貴重な経験。

歴史を知ってから国を訪れる魅力を知れた

CCの仕事の一つは、船内講座の通訳を担当すること。私も、健康ツーリズムやBrexit、中東文化など本当に様々な講座を担当させていただきました...。その中でも、日本から中米に着くまでの間に担当したラ米専門家の方のお話が本当に勉強になり、歴史を知った後に訪れたグアテマラやベネズエラは新たな視点で楽しむことができました。

歴史はロマン!!と何度も聞いていたけれど本当だなあと。既に多くの国を訪れてきたけれど、歴史を学んだらまた違った世界が見れるんだろうなと気づいた出来事でした。

#がんばれピースボート

若いスタッフが中心となり運営しているピースボート。そのエネルギーや柔軟なアイデアが、世界で唯一無二の世界一周クルーズを作り上げたんだと実感しました。

まだまだピースボートで行きたい世界、見たい景色がいっぱいあります。このコロナを乗り越え、たくさんの若者をまた海外に送り出してくれますように🛳

camp-fire.jp

続きを読む

短期間でIELTS6.5をゲット!イギリス大学院に合格したわたしの勉強法

f:id:nemusblog:20200515161559p:plain

こんにちは!
理系大学4年次、週5でバイト生活をしながらイギリス大学院に合格しました、nemuです。

元々旅先で英語を使っていたことから初回IELTS受験時(4月)で6.0は取れていたのですが
そこから勉強方法を工夫し、5ヶ月後に6.5を取得して英語条件をクリアしました。

イギリスの大学院はどこもだいたいOverall6.5-7.0が求められます。

特にライティングとスピーキングが苦手だったわたしが、少ない時間で工夫した合格した秘訣をシェアします。

最後におすすめのIELTS学習用サイトもご紹介。ぜひ今日から取り組んでみてください!

  •  1日”1ライティング"プロジェクト
  • とにかく話す!スピーキングはSkype英会話任せ!
  • ライフスタイルに合わせて1日2時間で大丈夫!
  • ネットだけでも勉強できる!おすすめIELTS学習サイト
  • まとめ:工夫してさくっとIELTSとおさらば!

 1日”1ライティング"プロジェクト

日本の英語教育であまり扱わないスキルが求められるライティングとスピーキング。
特にライティングは、英語の筆記に慣れていないと時間を取られて内容の工夫ができません

そこで、わたしは毎日ライティングを1問、以下を意識して必ず解くことを軸にしました。

・設問①なら20分、②であれば40分タイマーを設定
・書いて問題分析と速記に慣れることを意識
・100%の答えがないライティング、答え合わせでは構成とアイデアの方向性だけ確認
使えそうな表現をノートにまとめる

IELTSライティングで良く使われる表現(グラフの比較や導入、まとめの言い回しなど..)
出会いながら覚え、次第に自分の型ができていくように。

様々な課題に対して、原因&解決策、利点と欠点等いろいろな方向から見る癖をつけるのも大切。
ライティングノウハウに関してはこの本が圧倒的におすすめです。

全ての問題形式を網羅しており、IELTSライティング必須の単語も全部載ってます。

とにかく話す!スピーキングはSkype英会話任せ!

スピーキングは当たり前だけど話すことが大事。これに尽きます。
ノウハウ本もたくさん出ているけど、瞬時に口から出る練習が何よりも効果的だと思います。

そこで1日30分、IELTS対策ができるSkype英会話を利用してスピーキングの練習
スピーキング本番は15分なので、同じように実践してもらい残り15分で解説と対策をしました。

スピーキングの難しい点は、普段考えたこともないようなことを瞬時に論理的に話す能力が問われること。


あなたにとって家族は?アートはあなたの人生にどう影響してる?など
「ちょっと待って、考えたことないわ!」みたいな質問に対してどう答えるかの訓練は、とにかく数をこなすことがおすすめ。

わたしが使用していたのはDMM英会話とNative Teacher
特にNative Teacherはライティング対策もセットで可能なので少し高いけどおすすめ。

見落としがちなミスに気づかせてくれました。

ライフスタイルに合わせて1日2時間で大丈夫!

大学が5時に終わり、バイトが8時からだったのでうち2時間しか取れなかった受験生活。
ライティングとスピーキングを除いた1時間弱で残りのリスニングとリーディングを勉強。

どちらも大問一つあたり20分前後なので、集中力が切れることなく取り組めます。

スピーキングは多くの人が勧めるCollinsのテキストを。
いろんなアクセントの英語に触れることができるので実践にも役立ちました。

リーディングは、解説が充実したものを。
わたしは公式問題集と、ケンブリッジのものを少し取り組みました。

 

ケンブリッジの参考書は世界中で使われているIELTS対策のバイブル的存在。
どう選べばいいかわからない!て方は上記2冊で4セッションをカバーしましょう:)

ネットだけでも勉強できる!おすすめIELTS学習サイト

イギリスにいた時も就職のため7.0を目指し再受験しました。
その時に実際に使っていたIELTS学習サイトは以下の二つ。

IELTS Online Tests.com
様々な授業が無料で開講されており、対策したいトピックを自分で選ぶことが可能。
解説も詳しくて参考になります。

ieltsonlinetests.com

ブリティッシュカウンシルの公式練習ページ
こっちは全ての問題形式を網羅しているので、時間のない方はこれだけでも安心。

takeielts.britishcouncil.org

また、空き時間にはYoutubeで上手いSpeakingの人の動画を見ながら
言い回しなど勉強していました。

まとめ:工夫してさくっとIELTSとおさらば!

時間のない中でも工夫すれば勉強する機会は溢れています。
負担にならず、飽きない勉強法で楽しくIELTSスコアを達成しましょう🌸

続きを読む

【コロナと生きる】非日常を愛する旅人精神で日常は楽しめる??

旅人精神のアイキャッチ画像

こんにちは。新卒で働く前に世界一周を2度し、今でも旅行が大好きなnemu(@nemusblog)です。旅好きな皆様は、今のコロナの影響で海外を自由に行き来できなくなり悶々としているはず・・。

私もそんな一人。現在はカンボジアで仕事を始め、忙しい毎日を過ごしています。が、私のストレス解消法=航空券を探す&暇さえあれば海外を放浪する、だったのでそんな”自由”がなくなった社会人生活。重ねてコロナで少し息苦しくなることも。

先のことーー今後の仕事やライフプランを考えた時、あまりにも変化や冒険を好んできた私はどこかに落ち着くことができるのか?と不安になってしまったりもしています。

「非日常を愛する旅人は日常を楽しめるの?」「旅好きってどこかに落ち着けるの?」
等々、きっと同じ思いを抱いている人はいるはず(いてほしい!)

今回は、そんな旅好きな人のマインドを日常生活(落ち着いてsettle downした日々)に持っていくにはどうしたらいいのか?私なりに考えてみたことをまとめます。

  • はじめに:どんな生活を送っていきたいのか?
  • 工夫①日々の”トラブル”を冒険のように楽しむ
  • 工夫②受け身ではなく、前のめりで過ごしてみる
  • 工夫③「移動しない」からできることを探してみる
  • 工夫④日常の中に小さな非日常を取り入れてみる
  • まとめ:長い旅に出ている、と思ってみる

はじめに:どんな生活を送っていきたいのか?

※わたしの個人的な意向も多めです。具体的な解決策は次項より👇

自分の日常が暇だ、嫌だと不満を言い続ける人にはなりたくない。そう思って旅を始めました。新しい景色を見て、人や価値観に出会い、自分の世界が広がっていくことがとても楽しく、これまでの常識や日常とはかけ離れた場所で生きていきたい、とカンボジアに。ただ、最初はドキドキワクワクしていた”違い”が日常になっていく。

これまで海外が楽しかったのは、初めての場所に訪れたから?それだけ?旅人精神ってそんなもの?

異文化で暮らすことを続けてきた私は、カンボジアも案の定すぐに慣れて言語も少しずつ話せるように。「同じことの繰り返しは嫌だな〜」と日本で感じていた感情が戻ってくるまで、驚くほど時間はかかりませんでした。

どこでも、心から毎日を楽しめる人になりたい。そのためには、飽きた!慣れた!次!と使い捨てのように移動を続けるのではなく、その場所を楽しめるマインドセットが必要だと思うようになりました。

ちなみに、ずっと非日常(旅)を続けて生きていくことは、私は好んでいません。それぞれの国に住むことで見えるものも大切にしたいから。あと単純にずっとパソコン前で仕事する人生なんて嫌だから。

そんな理由から、旅で得る幸せは非日常で珍しいからなのか?それを生かせないか?について、私なりに考えた工夫を紹介します。

工夫①日々の”トラブル”を冒険のように楽しむ

旅にトラブルはつきもの。何時間待ってもバスが来ない、飛行機がキャンセルになった。数日かけてきたのにしばらく閉館・・・。など、いわば旅の武勇伝のように語られるトラブルの数々。なんで〜〜!!とむしゃくしゃしたこともあったけど、周りの人の協力も得ながらなんとか解決して、後の笑い話に。旅していたときは、そんなトラブルさえ必死で向き合って乗り越えて、ただのいい思い出にできるもの。

同じように、毎日の仕事で出てきたトラブルも、文句を言ってストレスに変えるのではなくて、どうやって良くできるだろう?と楽しんでみようと思います。

「モロッコの人、全然時間通りに来ないじゃん!じゃあその時間で何か楽しめることないかな?」というマインドで、「カンボジア人、なかなかわかってくれない!じゃあどう伝えたらいいんだろうと持っていってみる。そっか、この国は/この人はこういう傾向があるのか(学び)。と思い、違うなあと認めてそれを楽しんでみる。

たとえそれが日本であっても、自分と違うことのほうが多くて当たり前なんだから、そう割り切って楽しんだ方がいい学びができそうです。

工夫②受け身ではなく、前のめりで過ごしてみる

過去の思い出を懐かしんだり、未来に期待するのもいいけど、旅をしていた頃は毎日が全力の挑戦で楽しくて、今を生きていたなあと思います。

そんな感情を日常でも引き起こすことはできないのか?と考えてみた時、世界でここにしかないことってなんだろう 、と考えてみることが効果的なのかもしれないと思いました。

私が住んでいた日本の京都であれば、早朝にお寺を掃除する僧侶や夕暮れ時に打ち水をする町屋の人、鴨川に座ってぼーっとすることだって”京都でしかできない”ことでした。世界中の旅人は、そんな京都の様子に魅了されていたはず。

カンボジアも、慣れてきてしまった今は全てが当たり前の景色として流れてしまっていますが、一度頭をクリアにして、”ここでしかできない”ことを思い出してみようと思います。

  • 緑輝く早朝の景色の中でヨガをしてみたら?
  • ルートも値段も交渉次第なトゥクトゥクでプチ観光プランを作ってもらったら?

考えたらワクワクしてくることばかり。

日々の仕事やストレスを受けてばかりではなく、自分からどう楽しくすごせるのか?前のめりで過ごしてみると、どんな場所でも新たな発見があるはず。

工夫③「移動しない」からできることを探してみる

これは過去にも紹介していて、既に実践しているおすすめの方法。

www.nemusblog.info

旅を続けていた頃、帰る家があって、ゆっくり料理をしたりインテリアを楽しむ人たちがとても羨ましかったです。日々同じことを繰り返すように見えて、ボディメイクは少しずつ身体の変化を感じられたり、ガーデニングは日々花たちの成長を見ることができたり。

小さいけれど確実に変化することを取り入れるのはおすすめ。この先もっとここに住むなら、DIYで家具を作ったり、ピザ窯とか作りたいな〜〜!と思っているところ。熟成に時間のかかる発酵食品を作るのも楽しそう。

工夫④日常の中に小さな非日常を取り入れてみる

お金をかけなくても作れる楽しい非日常、ってどんなことが思い浮かびますか?日本では、例えば一駅手前で降りてみたり、ランチはいつものコンビニ直行じゃなく、お弁当を持って公園に行ってみたり。いつもと違うことをやってみるのは、特にストレスでモヤモヤしている時に効果的です。

私も先日、仕事が終わってこのまま家に帰ってまたルーティン...と落ち込んでいた時に、ふとGoogle mapで見つけた近くの寺院に行って癒されたりもしました。ああ、行動すればいくらでも気持ちは変えられるんだなあと前向きに思えた出来事。

今日は違う場所でごはんを食べてみるとか、早寝早起きにシフトしてみるとか(!)、自分の身近でできる小さな非日常をぜひ取り入れてみてください。

私はストレスが溜まると周りが見えなくなりがちなので、いくつかリストを作って書いています✏️時間ができたらしたいこと、行きたいところなど残しておくと、ああ😩となった時にすぐリフレッシュできておすすめ。

まとめ:長い旅に出ている、と思ってみる

旅が楽しいのって、結局日常とは違う環境だからというのが大きいと思います。少し無理やり考えてみたトピックではあったのですが、 旅中に得た経験やスキルを、仕事だけではなく日常のQOLでも活かせたらとても有意義かなと思います。

ずっと続くと思う日常も、全ては少しずつ毎日変わっているわけで。そう思うと、長い旅に出ているという気持ちで、日々の変化を楽しんでみるのもいいかもしれません🌸

 

続きを読む

イギリス大学院の教授直伝!アカデミック英語学習参考サイト

アカデミック英語学習について紹介する記事です。

こんにちは!昨年イギリス大学院を卒業しました、nemuです。本ブログを訪れる方が頻繁に検索してくださるのが、英語学習関係の情報。

nemuは大学院受験前に6.0から始まり、イギリス滞在中に7.0を取得しました。

ライティングがなかなか伸びずに最後まで足を引っ張りましたがなんとか大学院やインターンの条件をクリアしました。受験当時の奮闘についてはこちらから👇

www.nemusblog.info

今回は、私が大学院時代に大いに!参考にしたアカデミック英語の参考サイトを紹介します。

イギリス大学院ではInternational Student向けにAcademic Englishの授業を開講しています。

IELTSの点数がギリギリで入学した生徒は、所属コースからの授業料(約10万円)支援を受けて、半年間受講することができました。わたしもその一人!

その授業時や後の修士論文執筆で大変活用させてもらった(言い過ぎ)アカデミック英語サイト、日本にいたらこんなのあるの知らなかった!と思うものばかりだったのでぜひ参考にしてください❤️

  • 論文頻出単語の習得に。Vocabulary Exercises for the Academic Word List
  • 論文執筆の言い回しを検索。The university of Manchester Academic Phrasebank
  • 日本語で丁寧に。英語で論文を書こうとする人へ 九州大学
  • わたしのアカデミック英単語活用法
    • 1.【目的】
    • 2.【内容】
    • 3.【図表】
    • 4.【引用】
    • 5.【例】
    • 6.その他接続語
  • まとめ

論文頻出単語の習得に。Vocabulary Exercises for the Academic Word List

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️

www.englishvocabularyexercises.com

論文等でよく使われる、いわゆるAcademic wordが集約されたサイト。ホームページはちょっとチープ感ありますが、クイズなどもあり覚えやすい工夫がありとても役立ちました。Sublist1-10まで分けられており、数が上がるほど難易度も上がります。

各ページにはそれぞれ単語とその定義がまとめられているので、スキマ時間にチェックして覚えていました。実際にここで紹介されている単語は、論文中にも頻出なので学習するほど論文が読みやすくなります。とてもおすすめ!

論文執筆の言い回しを検索。The university of Manchester Academic Phrasebank

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️

www.phrasebank.manchester.ac.uk

これは論文執筆時にずっとウィンドウを開いていました!というほど愛用していたサイト。論文の各項目ごとに、よく使われる言い回しが豊富に紹介されており、こういうこと言いたい!という表現が必ず見つかるはず。素晴らしい👏

  1. Introducing work
  2. Referring to source
  3. Describing methods
  4. Reporting results
  5. Discussing findings
  6. Writing conclusion

と、全ての項目を網羅してくれており、各項目ごとにさらに細かい分類がなされており本当に便利...。院生の希望が詰まったサイト。

日本語で丁寧に。英語で論文を書こうとする人へ 九州大学

おすすめ度:⭐️

isabelle.cc.kyushu-u.ac.jp

こちらは私が探して活用していたもの。日本で英語を学んできたなら少し気になってしまう、細かいけれどこれどうなんだろう?という点を丁寧に解説してくれている九州大学のサイトはこちら。わたしは数回読んだ程度ですが、略語やフォント、主語述語の長さのバランス(!)までとても丁寧に解説されており、すっきりした美しい文章を書けるようになりました。

なんでこうすべき?という点にまで言及されているので、とりあえず形式だから!と覚えることに違和感がある人におすすめです。

わたしのアカデミック英単語活用法

上記のサイトや、友達の言い回し、読んでいた論文で気に入った表現などは全て大学院用ノートとして使っていたEvernoteに下記項目ごとにまとめていました。そのまま使うのではなく、こういった言い回しができるのか、というのを膨大な課題で使いながら覚えていき”自分らしい文章・表現”を作っていく工夫をしていました。

1.【目的】

* The purpose of this study is …/この研究の目的は~だ。
* This paper examines …/この論文は~について調査する。
* The main objective of this paper is …/この論文の主な目的は~だ。

2.【内容】

* This study provides …/この研究は~を提供する。
* This paper reviews …/この論文は~について調査する。
* It has been often discussed that …/~についてはしばしば議論されてきた。
* In comparison with …/~と比較すると
* In contrast to …/~と対照的に
* A agree with B./AはBと意見が一致している。
* In order to …/~するためには
* It should be noted that …/~は強調されるべきである。
* The question remains that …/~についての疑問が残る。
* There is a possibility that …/~の可能性がある。
* This result suggest that …/この結果は~ということを提案している。
* In terms of… , from the aspect of…, from ~ point of view, /〜の点で、観点で
* Regarding ~,Concerning~, As for~, In regard to~/ 〜に関して
*「We do not think "A" has occurred, but the possibility does exist.」「I cannot confirm "A", but I also cannot deny that "A" is possible.」/〜の可能性も否定できない

3.【図表】

* Table A shows …/表Aは~を示している。
* The graph A indicate …/図表Aは~と示している。

4.【引用】

* (人物)mentions that …/(人物)は~と言及している。
* (人物)point out that …/(人物)はと指摘している。
* (人物)states that …/(人物)が~と言っている。
* (人物)claims ~/(人物)が~と主張している。
* According to(人物), …/(人物)によると~だ。

5.【例】

* For example, …/例えば~
* For instance, …/例えば~
* One example of … is …/~のひとつの例として~がある。

6.その他接続語

* therefore:それゆえに
* thus:それゆえに
* hence:それゆえに
* however:しかしながら
* moreover:そのうえ
* alternatively:そのかわり
* despite this:それにもかかわらず
* nevertheless:それにもかかわらず
* primarily:第一に

まとめ

アカデミック英語は、やはりIELTSのライティングが土台となり、そこからもう少し自然な言い方を時間と共に習得していった気がします。あくまで、英語が得意ではなかった私が膨大な課題や修論をこなす中でどうやったら効率よく綺麗な文章が書けるだろう?と工夫してきたことをまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください✏️

 

続きを読む