世界一周トラベラーnemuのカンボジア在住記録

カンボジアで働く英国産栄養士、新卒25歳の日常と旅の記録。

【衝撃の病院食】イギリス留学中、ロンドンで緊急入院した話。

f:id:nemusblog:20201116140105p:plain

こんにちは!昨年イギリスに留学していましたnemu(@NemuCambodia)です。

イギリスにはNHSという国民保健サービスがあり、私たちのような外国人もイギリスのビザを取得する際はその費用を負担する必要があります。

その額、一年間約£300!

ビザの種類や期間によって異なりますが、安くはない額を払うわけです。

日本人であれば、結局海外旅行保険に加入してそっちにお世話になるという方も多いはず....。

 

実際、日系病院という強い味方のいる日本人のロンドン留学生にとって、NHSはピルを処方してもらったり、水質が合わず薬用シャンプー類をもらったりという話ばかり聞いていました。

 

ただ、わたしはそんな中緊急入院という、人生でも初めてのプチ事件をロンドンで起こしてしまいました....。

しかも、修論研究でアフリカに行く直前に。今日はそのお話です。

始まりは、奨学金財団のパーティー

 

わたしは奨学金をいただき、大学院に留学していました。

そのため、頻繁に会食や例会に呼んでいただき、財団の方々と交流する機会があったんです。

 f:id:nemusblog:20201124205024p:plain

「来週から、研究でアフリカに行ってきます!」と報告したその夕食で、シーバスのムニエルが出たんですよね。

わたし、お偉いさんに囲まれている席で口の中の骨を行儀良く出す方法がわからなくて(さっと出せば良かったのに....どれだけ緊張していたかわかっていただけるかと笑)

何も考えず、飲み込んだら全力で喉に刺さりました。

修論研究前、最後の日本食でEAT TOKYOへ

 

まあいつか取れるでしょ、と喉の骨を放置したまま翌日は彼とEat Tokyoへ。

アフリカで生魚なんて食べれないしと、魚の刺身をたっぷり食べました。

f:id:nemusblog:20201124204224p:plain

おいしかった〜〜〜〜!

でもその夜から、骨の刺さった側の体半分の筋肉が痛むように。

日系個人病院→日系総合病院へ

アフリカ出発の前日、朝から日系の個人病院に行きました。

特に異常は見つからず、念のために痛み止めをもらって渡航準備を進めました。

 

ただ、その日の夜20時ごろから「やっぱりおかしい!」と感じて

熱を測ると40度を超えていました。体は半分だけ異常に痺れていて。

今、病院に行ってしまうと明日の出発に間に合わないとわかっていたのですが、この体でアフリカなんて、考えただけでぶっ倒れそうでした。

 

保険会社に電話し、夜でも診察可能な日系総合病院へ。

こういう時、日本語の丁寧なカスタマーサービスを受けるとわたしは泣いてしまいます....。いろんな気持ちが重なり号泣しながら病院に向かいました。

UCL Hospitalエマージェンシーへ

日系総合病院に、前の個人病院の医師が紹介状を書いてくれていたので

診察はスムーズにできたものの、検査や内視鏡、CTなどが必要だし、この熱は異常だからとすぐにUCLに送られることになりました。

f:id:nemusblog:20201124201719p:plain

ロンドン中心部で、夜中に開いている緊急病院は本当に少なくて。しかも、こんなきついのに順番通りなんですよね(当たり前)。

酔っ払って怪我した人も、しんどそうな御老人も、まだ病院内で夫婦喧嘩していた血だらけの夫婦も、警察と争っている人たちもいたのですが

順番通りでした。すべての人が医療を受けられるとはこういうことなのね....。ここまで深夜24時。

 

ただ、わたしの場合は前の日本人病院が計2つも紹介状を出してくれ、病状的に当直の医師では対応できなかったらしく、新たに医師を呼ぶなどの対応があり、気にかけてもらえてる患者感はありました。

 

実際、そこから4時間、朝4時ごろにやっと名前を呼ばれました。

深夜に起こされ遠くから来た医師が「わたしはシーバス一生食べないようにするわねhahaha」と言いながら内視鏡を入れてくれて、そのまま入院となりました。

そのまま、なので、ふらっと日系総合病院に行ったままの荷物・格好。

「もちろん帰っちゃダメよ」と病室に強制送還されました。

唖然としたわたしが車椅子で運ばれる動画が今も残っていますw 

 

ちなみに、日系総合病院に行った20時頃から朝まで、彼が駆けつけてくれてずっと支えてくれていました....いなかったら深夜の病院の待ち時間に耐えられず逃げ出していたことでしょう......感謝。翌日も仕事なのに、着替えやら洗面道具など全て持ってきてくれました(病院のファミマなどありません)...。

 

全てが落ち着き、彼も仕事に出かけた朝7時ごろに朝ご飯。わたし喉の症状だし嚥下.....んんんん?という朝ご飯。

f:id:nemusblog:20201124201657p:plain

お昼は「フィッシュアンドチップスとサンドイッチ」の選択肢だったのでサンドイッチを....。あれ、病院食、、、。

f:id:nemusblog:20201124202110p:plain

夜はオムレツでした。この頃になるともう病院食への期待は薄れていたので、彼氏にチャイナタウンの買い出しをお願いして肉まんと、WASABIの餃子スープを持ってきてもらいました。

f:id:nemusblog:20201124202308p:plain

生き延びた......わさびありがとう。

f:id:nemusblog:20201124202503p:plain

 

病院生活は快適でした。途中、大きな治療が入る時は海外保険会社に日本人の通訳を手配してもらい、薬や病状の説明もしっかり理解することができました。

f:id:nemusblog:20201124201742p:plain

予定通り、3日で治療は終わり、無事に退院することができました。

 

退院時には、丁寧な診断書がもらえます。

わたしは、大学院のサポートも受けてのアフリカ渡航だったのでこういう証明書は後に必要となりました。

ちなみに、EthnicityはChineseでした。わたしのこと中国人と思って対応してたんや....なんでもいいけど。

f:id:nemusblog:20201124203042p:plain

もちろん、ここまで全て無料でした。

お金の話は最初から最後まで、一度もなかったです。

 

「医療費が無料だから」を理由に移民がイギリスを選ぶ理由がとてもよくわかりました。

CT、内視鏡、食事、深夜診察、入院、点滴、....全部入れたらいくらだったんだろうと考えたらまたぶっ倒れそう。

退院直後、そのままアフリカへ

 

朝に退院し、荷物を置いてそのまま次の目的地へ。

海外旅行保険で飛行機の変更などを対応してもらうには、ぎりぎり日数が足りなかったので

泣く泣く飛行機を全て取り直してアフリカに向かいました。

 

こういう場合、入院のために飛行機のキャンセル代などが生じた...などは保険でカバーしてもらえます。

 

結果、警察沙汰や夫婦喧嘩に囲まれながら深夜に4時間待ったり、病院食に驚かされたりもしましたが

Bestな治療を無料で受けられることは本当にありがたいな、と思いました。

 

深夜の緊急病院は、支えてくれる家族や恋人の姿ばかりで胸を打たれたし、

病院スタッフが全員楽しそうに明るく仕事している姿も印象的でした(NHSのスタッフになるのは、知識レベルだけでなく人間性のテストも相当厳しいそう。出会った医者やナースは、全員本当に素敵な人たちでした)

 

以上、緊急入院のレポートでした!🌻

みなさん、魚の骨には気をつけましょう🐟

f:id:nemusblog:20201124202715p:plain