世界一周トラベラーnemuのカンボジア在住記録

カンボジアで働く英国産栄養士、新卒25歳の日常と旅の記録。

新卒海外就職の魅力って?52か国を旅した私が海外を選んだ理由。

f:id:nemusblog:20200505181311p:plain



 こんにちは。nemu(@nemusblog)です。

 大学受験に失敗し、「何がしたいかわからない」ともやもやしていた5年前。

 世界中を探せば、自分のやりたいことがきっと見つかるはず。

 先の見えなかったわたしはある日ふとそう思い立ち、在学中延べ52ヵ国を旅してきました。

大学時代に1年休学、大学院進学前に半年、就職前に半年と多くの時間を旅に費やしました。

 落ち着いた先は、日本から飛行機で6時間の小さな国、カンボジア。
 毎日心から笑い、時には涙し、優しいカンボジア人に囲まれ、
   ここに来て良かったと日々感じることができています。

 そんな「新卒」の肩書をこの国に捧げた私が、新卒で海外に飛び出す魅力をお伝えします。 

日本の「常識」は、世界の「非常識」かもしれない。

 日本の繁華街が賑わう金曜日。
 「家族を優先したい」ロンドンの街は、花束を持って家に急ぐ姿が溢れていました。

 まだお客さんが溢れているフランスのチーズ屋さんでは、
 「もう疲れたから早く閉めてご飯を食べたいんだけど、いい?」
 マダムの一言に誰も文句を言わず、皆が笑顔で買い物を急いでいきました。 

 たくさん働くのが偉い。プライベートな理由で休むなんて非常識。お客さんはいつでも神様。日本ではそんな”風潮”に慣れていたわたし。
 広い世界では、必ずしもそうではないのかもしれません。

この記事を書いているカンボジアのカフェでも、横で店員が大音量で動画を観ています。。笑

 日本でバイトやインターンをしながら、仕事の疲労よりも気遣いや人間関係で疲れてしまっていたわたし。

 多様な働き方に触れ、居心地の良い場所で生きる選択をしてもいいのかもしれない、と
 外に出て強く感じるようになりました。

新卒「ならでは」の力を生かすことができる

 「海外就職には英語が必須なの?」
 そんな声をよく耳にしますが、わたしの日常は日本語:現地語が9:1の割合です
 就職前の言語スキルは、必ずしも必要とは限らないことも。

 理由として挙げられる一つが「日本のブランド力」。
 特に東南アジアでは、親日の国も多く、日系の会社や組織が数多くあります。

カンボジアやベトナムで人気のあるショッピングモールやその他流行は、日本の物がたくさん。日本人というだけで、良くも悪くも好印象を持たれます。

 そんな場所で求められるのは、体力と適応力

 フットワークが軽く、多くのことを吸収できる新卒は、
 そんな企業にとって、とても魅力的なんです。

みんなの「幸せ」を追い求める必要はない

 いつもわたしたちの側にあり、常に他人の様子がわかるSNS。
 起業した、昇級した、家を買った・・・
 そんな情報は、時に私たちを錯覚させてしまっているかもしれません。
 必ずしも、それがわたしにとっても同じ”幸せ”なのかはわからないのに。

 私の住むカンボジアでは、そんな状況に出会うことはまだありません。

 一歩外に出ると、暮らしていければ少しの仕事で十分だと、
 声を揃えて笑う人々に出会います。

 どんなに給料が良くても、家族と離れるならやらないと、仕事を断る若者を見ました。

実際、都市部の裕福層では日本以上に学歴社会、成功主義なのかもしれません。わたしはそこではなく、田舎の人たちの素の思いを見ながら旅をしてきたので、一概にこの国は!とは言えないかもしれません。。

 何が正しいのか、将来はどうなるのか。

 先がわからない世の中で、周りの「幸せ」に合わせることは、
 自分の心を苦しめてしまうかもしれません。

 決まった答えがない中で、自分はどうしたいのか
 異文化で暮らす体験は、そんな疑問を投げかけてくれます。

 実際わたしは、新卒という身を、新人教育が整い野心溢れる日本の企業で鍛えなくてもいいのか?と悩むこともありました。
 今も、その経験を得れないことがどう影響するのかわかりません。

 ただ、”皆の言う成功”をとりあえず追い求めるのではなく、
 自分の信念や思いを持った人と働き、心豊かで優しいカンボジア人と笑い合う毎日が大好きです。

まとめ:ほんの少しの勇気を

 社会人としての第一歩を、どの方向に踏み出すのかは
 その後の人生を大きく動かすことになります。

 わたしの好きなTed Talkの演説「30歳は昔の20歳ではありません」のメグ・ジェイ氏は
 著書で以下のように述べています。

20代の人たちはロサンゼルス国際空港から
西のどこかに向けて 今まさに飛び立とうとする 飛行機のようなものです。 
離陸直後にちょっと 経路を変更するだけで
着陸地点がアラスカになったり フィジーになったりします。

www.ted.com

 一見ハードルが高そうな海外就職も、必要なのはほんの少しの勇気だけ。
 わたしたちの今の”ほんの少し”の勇気は、今後の人生を大きく変えてくれるものになります。

 幸せだと思える道を、新たな視点で探してみませんか?