世界一周トラベラーnemuのカンボジア在住記録

カンボジアで働く英国産栄養士、新卒25歳の日常と旅の記録。

テーマを決めて、旅をしよう!21歳女子大生が単独で世界一周した理由。

f:id:nemusblog:20200521203811p:plain

初めての国に降り立ったときは不安で怖かった場所が、
去るときには大好きな思い出で溢れる場所に変わっている...。

そんな変化が大好きで、18歳から旅を続けています。nemuです。

以前とある世界一周団体で、世界一周コンテストの審査員を務めていたこともあり
”テーマを持って旅をする”魅力に触れる機会を重ねてきました。

始めたばかりの本ブログですが、
様々な旅エッセイを通じてわたしがここカンボジアに至るまでの
冒険をちょっとだけシェアできたらと思っています。

今回は”テーマを決めて、旅をしよう”
21歳で世界に飛び出した時の記録とともに、テーマの決め方を紹介します。

今回のお話は、世界一周クルーズ「ピースボート」でわたしが講演した内容も含みます。旅とは?どうやって一歩踏み出すの?一緒に考えていきましょう!

なんでテーマを決める必要があるの? 

答えは「飽きちゃうから」です。

海外旅行にワクワクする気持ちからは程遠いと思いそうですが、毎日新しい場所を訪れ、人に出会い、景色を見る。

それはなんとなくスタンプラリーを巡っているようで。数ヶ月、一年と続けると、人は次第にそんな経験に慣れてしまいます。

実際に世界一周途中で「もういいや」と帰ってしまう人や、「沈没」と言って一箇所から動かなくなってしまったり....。

そんな想定外も旅の魅力ですが、せっかくの努力の先に飽きがあるなんてもったいない!

長期の旅には、自分なりの「テーマ」を持つことがおすすめです。

f:id:nemusblog:20200521210951j:plain

▲1カ国目ドバイ。不安を忘れさせてくれるような鮮やかな景色。

自分のワクワクすることをテーマに。

それは、将来の夢でもいいし、自分が好きなことでもいいです。
 ✔︎いつも、本屋さんに行くとなんとなく寄ってしまうコーナー
 ✔︎バイトを探すときになんとなく引き寄せられるカテゴリー
 ✔︎フォローしているインスタやTwitterの傾向

そんなとこに、いつの間にか自分の「好き」が集まっています。

キーワードをいくつか見つけ出して、組み合わせてみましょう。

f:id:nemusblog:20200521211038j:plain

▲カラフルな街並みはモロッコ・シャウエンから。

世界一周したわたしの場合

...と上記のことを、世界一周審査員をしながらツラツラ考えていました。

食文化や栄養を大学で学んでいたわたし。実際に旅の計画を始めた頃は
世界中のおいしい食べ物を知りたい
食卓を囲む世界中の笑顔を見たい

そんな思いが溢れ続けていたことを、覚えています。

そして大学3年終了後の2月、大学を休学して単独で世界一周を始めました。

「食」と「子ども」をキーワードに、
"アフリカの子供達とおいしいものをシェアして仲良くなる"
ことを最終目標に 約1年間の旅が始まりました。

✔︎自分で掴んだ夢だから、どこまでも自分の好きな旅を作っていくこと
✔︎ここまで応援してくれ人に感謝しながら、世界で学び、成長して日本に戻ってくる

そんな想いを胸に。片道航空券で世界に飛び出した当時の計画は、こんな感じ。👇

Schedule ✈︎

2-5月 フランス留学

6月 ヨーロッパ一周

7-8月 フランスWWOOF、トマティーナ❤︎

9月 モロッコ留学

10月 アフリカ南部一周

11月 インターン@セネガル

12月 孤児院栄養改善ボランティア@セネガル

1月 ニューヨーク留学

翌年1月末帰国予定 ◎

フランス留学の学校以外、何も決めていない中での出発でした。 

世界一周バックパッカーに人気のトマティーナ祭り(スペイン)や、ニューヨークのカウントダウンはリストに入れていました。

さて、ここからどんな日々が待っていたのか。旅エッセイを綴りながら変化と格闘の世界一周をお届けします。

f:id:nemusblog:20200521211307j:plain

▲南アフリカのケープタウン。テーブルマウンテンの天候はまるで異世界のよう。

 

▲世界一周を計画した当時のわたしのバイブル

▲旅行初心者の人にはこっちも情報多くておすすめ!。