東南アジアの生理用品。持ってくるべきものと買えるもの in カンボジア | Nemu's Blog  

東南アジアの生理用品。持ってくるべきものと買えるもの in カンボジア

こんにちは!カンボジアを離れる前に東南アジアの記事を書き溜めたいnemu(@nemusblog)です。

今回は私自身わからずにとても困ったし、実際来てからの発見が多かった生理用品について。

住んでいたのはカンボジアですが、これまでの旅先であるフィリピン、ベトナム、タイ、インド、スリランカ、あたりでの経験も踏まえてまとめてみたので

東南アジアに行かれる方、暮らす方には参考になる部分も多いかも!と思います。

 

【日本調達】月経カップが圧倒的におすすめ!

月経カップは、蒸し暑い東南アジアで生理期間を快適に過ごすために必須だと思います。

これは日本で買ってから持っていくことをお勧めします。

カンボジアはお手洗いの個室内に洗浄用シャワーのようなものがあるので、出先でも個室で入れ替えることができて便利でした。

水自体の衛生状態は日本と比べると良くないので、煮沸消毒は他国にいる時よりも頻繁に行っていました。

nemu
nemu
荷物を減らせるし、蒸れないしで本当におすすめ。。日本にまだいる方は、日本製のものをネットで買っておけると良いかと思います。

 

慣れるまでは怖い。。という方も多いですが、安定すればジムもヨガもランニングも通常通りに行えるので、ぜひ….!私はイギリス時代に出会い、もう3年ほど使っています。

生理ナプキンは買えるけど、質によるかも

正直日本よりナプキンの質が良い国には出会ったことがありません……

カンボジアでは、タイや韓国のものが買えます。外国のものは質がわりと良いですが、特に韓国製などは高いです。

また、タイやフィリピンのものは何故か冷却効果みたいなものがあって(!)キシリトール効果的な。びっくりしました。笑

 

日本より圧倒的に蒸れやすい環境で、しかも薄着なのに質が悪いものを使うのは気が引けたので

日本から布製のものをもってくるのも一案だと思います💐

 

nemu
nemu
私は共同生活だったのでカップで過ごしていましたが、干す場所とかも困らない方は布製もありだと思います!

ちなみに、生理日以外の日常用の小さなシートは、あまり売ってないです。

ただ、探せばマーケットや首都のスーパーで見かけることもあるので、根気よく探せば出会えるかと….。

デリケート用石鹸が一般的です

日本ではまだまだ浸透しておらずなのか、結構値段の高いデリケート用石鹸ですが

こっちではどこでも売っています。カンボジアでは一本150円ほど。

蒸れやすい環境ということもあり、この類の石鹸は本当に一般的で

様々なブランドから出ています。だいたい生理用品の近くに置いてあるので探してみてください〜❤️

フィリピンにいるときはこちらのブランドが好きでした⇧❤️

ピルは現地調達で格安で買えました!

こちらは自己責任にはなりますが、カンボジアでもフィリピンでも、ピルは現地で普通に買えました。

カンボジアだと、安いものは1シート100円程度です。

Dianeやマーベロンなどは1000-2000円だった気がするので、こちらは日本とそんなに変わらないですね…!

ただ、病院に行かずに気軽に買えるのでそこは大きな違いで最初はびっくりしました。

ちなみに安いものは、インドやマレーシアから来ていることが多いです。緊急避妊薬も100円ほどで売っていました(!)。

 

nemu
nemu
私は仕事のストレスか、環境のストレスか生理が遅れてしまって病院で処方してもらったことがあり、その際はDianeをもらいました。

個人的に、安い国で作られた製品だからと必要以上に躊躇することはないですがそこはあくまでも自己責任で。

ピルは使用期限が迫ったものが売られていたりもするので、そのあたりも確認してみたほうがよさそうです⭐️

まとめ

生理ナプキンの質は日本が良いものの、全体的に避妊への対応等は日本より進んでいる国の方が多いと感じていて

東南アジアでもそれは同じだと思いました。

発展途上だからそういうのも全然ないのでは…?といった印象もある方がいるかとおもいますが

日本よりも手に届きやすく、その代わり自分で調べてしっかり理解して使用する必要が求められると感じました。

 

総じて、生理関連については、情報を集めておけば圧倒的に快適に過ごすことができます🌻

日本から毎回大量に送って….なんていう話も聞きますが、選べば現地調達でも可能です〜是非参考になれば!