NHSのみは不安…イギリスワーホリの海外旅行保険はグローブパートナー! | Nemu's Blog  

NHSのみは不安…イギリスワーホリの海外旅行保険はグローブパートナー!

こんにちは!渡英準備を進めていますnemu(@nemusblog)です。

今回は、最後までどうしようか悩んだ海外旅行保険について!

nemu
nemu
いや!必須でしょ!と思う方もいるかもしれませんが、イギリスはビザ取得時に国民保険サービスNHSへの加入が義務となっており、既に基本的な保険はカバーされている形です。

結果的に、私は短期間だけ一応海外旅行保険に加入することにしました。

既に海外に暮らしているよ〜という方も利用できる、とてもおすすめの保険です!

\イギリス渡航、時間がたっぷりある隔離中は、Skype英会話で英語を勉強しています✏️📕/

イギリスのNHSって?

YMSビザの場合、2年間で確か£600程度の保険料を払います。高い….!

nemu
nemu
これは、NHS=National Health Serviceを利用するため。イギリスは、全ての人に無償で基本的な医療を提供しており、その仲間入りをさせてもらうイメージです。

わたしも学生時代、このNHSに何度かお世話になりました。

基本的にはピルをもらう程度でしたが、入院沙汰になった時はNHSに本当に助けられました…..。

イギリスに海外旅行保険はいらない?

既に保険があるんだったら、更に加入する必要はないのでは?と思う方も多いですし、実際に加入せずに渡英されている方もたくさんいます。

ただ、私は過去1年間のロンドン滞在中、日本のプライベート病院に合計30万円以上もお世話になっていました。

nemu
nemu
海外の日系病院は普通の診察だけでもびっくりするくらい高いです…..

もし海外旅行保険に入っていなければ、これが全て自費だった or NHSの診察まで数週間自力で耐えていたということになります(NHSでは予約してから実際に診察を受けられるまで数日かかります)

間違いなく、大学院の生活に支障が出ていたはず。すぐに病院に行けて、薬をもらえて通常通りの生活ができたのは保険のおかげだと振り替えって思います。

ちなみに入院した時も、最初に日本の病院をはしごして、そのまま検査となり、NHSのエマージェンシーに行った形です。

そういうわけで、私はNHSがありながらも追加で保険に入っておいてよかった!と思います。

海外旅行保険にあってNHSにないもの

NHSは医療保険的な位置づけなので、海外旅行保険とはイコールにできず

盗難や損害賠償系はもちろん含まれていません。

ロンドンは盗難もありますし、部屋を借りるなら損害賠償保険もあった方が良いなと感じています。

何を気にするかは人それぞれですが、緊急帰国のサポートや渡航中のトラブルの対応等もこのままでは皆無ということを考えると

やはり何かしらの保険は持っておきたいと思いました。

海外→海外は日本の海外旅行保険が使えない….

日本の海外旅行保険が使えるのは、実は日本から出国した時だけ。

今回私は別の国から直接の渡英だったため、日本の保険が使えないという問題にぶつかりました。

そこで、海外からも入れる外国の保険を利用することに。検討したのは以下の二つ。

日本出国後も加入できる海外旅行保険

このうち、以前世界一周旅行の際にも利用したことのあるグローブパートナーにて手続きをすることにしました。

グローブパートナーの保険料

イギリスにワーホリ(長期)で行く場合、

  • 6ヶ月で270ユーロ(約36,000円)
  • 12ヶ月で540ユーロ(約72,000円)

となります。日本の海外旅行保険では1年間に20万弱払っていたのでかなり安いです…

ここに、海外から直接渡航する場合は手数料30%が加算となります。

また、海外からの契約は追加の誓約書等が必要になりますが、全てメールでのやりとりで契約が完了するので助かりました…!

 

メールは日本語で日本人スタッフとやりとりができるので、英語ができなくても問題ないです(サイトも日本語です)。

ホームページから申し込み後、クレジットで支払いをするだけで完了です。

保険証もすぐにメールに送られてきました✉️❤️

まとめ:生活や環境に慣れるまで&毎日を思いっきり楽しむために

イギリスは寒くて暗い日も多く、加えて勉強で忙しかった私は体調を崩しまくりました。

食べるものや日照時間、気温が変わるだけでも適応するまでに時間がかかる人もいるし、そんな時に限られたイギリス生活を100%楽しめないのはとてももったいないと感じてしまう気がします。

 

慣れてきたら自分で対応できるようになると思いますが、そうなるまでの期間も健康に楽しめるように

海外旅行保険も自分に合ったものを選んでいきたいと思います💐

\隔離期間の英語学習、栄養・医療などの専門がある方は専門特化型のこちらの英会話がおすすめです(私も活用しています)✏️/